/

この記事は会員限定です

コロナ禍、耐え抜く企業は 財務余力が株価を左右

[有料会員限定]

上場企業の2020年3月期の決算発表がおおかた出そろった。緊急事態宣言は全面解除されたものの新型コロナウイルス感染の収束時期は見通せず、今期の業績予想の開示を見送る企業が多い。経済危機のさなかでは、普段とは異なる視点で業績や株価を見定める必要がありそうだ。個人投資家が着目すべき項目は何か。ポイントをまとめた。

手元資金の確保急ぐ

「新型コロナの影響で大きな打撃を受ける企業が多いなか、財務基盤の健全性に注目することがい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1549文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン