システム開発のウフル、「3密」をセンサーで検知

2020/5/29 12:16
保存
共有
印刷
その他

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」システムの開発を手がけるウフル(東京・港)は、新型コロナウイルス対策として施設内の「3密」(密閉、密集、密接)状態を注意喚起するシステムの提供を始めたと発表した。センサーなどで人の密集度合いを判定し、クラウドを通じてスマートフォンや店頭の電子看板などに通知する。観光施設や飲食店などでの感染対策に活用しもらう。

まず、南紀白浜エアポート(和歌山県白浜町)が運営する南紀白浜空港が導入する。出発ロビーの待合室に二酸化炭素(CO2)の濃度を感知するセンサーや人感センサーを設置。測定値が一定の値を超えた場合、従業員のスマートフォンやSNS、店頭の電子看板などに通知をする。

従業員は窓を開けて換気をしたり、来館者にマスクの着用などを促したりする。客観的な数字で人の密集度合いや施設の密閉度合いなどを示せるため、3密回避に向けた対策が打ちやすくなる。今後は画像センサーなどの導入も検討する。

導入価格はセンサーを設置する場所や組み合わせなどによって異なるが、標準的なシステム構成の場合の初期費用は事務契約手数料1万円のほか、センサーなどの端末が1台あたり3万円かかる。月額利用料も徴収する。(広井洋一郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]