VW、中国国有自動車JACに50%出資

貿易摩擦
習政権
2020/5/29 12:30
保存
共有
印刷
その他

VWは中国国有の安徽江淮汽車集団に出資する

VWは中国国有の安徽江淮汽車集団に出資する

【北京=多部田俊輔】中国国有自動車中堅の安徽江淮汽車集団(JAC)は29日、親会社が独フォルクスワーゲン(VW)から50%の出資を受けることで基本合意したと発表した。国有自動車メーカーが外資から50%の出資を受けることは異例。中国事業の基盤を固めてトヨタ自動車の追い上げを振り切りたいVW側と、米中対立が激しくなる中でドイツとの関係を強化したい中国政府の思惑が一致した格好だ。

JACの親会社で安徽省政府の全額出資子会社である安徽江淮汽車集団控股が12月末までに増資し、VWが引き受ける。親会社はVWと安徽省政府が折半出資する合弁企業になる。VWの投資額は10億ユーロ(約1200億円)。7月末までに最終合意をめざす。

安徽江淮汽車集団の電気自動車のSUV

安徽江淮汽車集団の電気自動車のSUV

JACの2019年の新車販売台数は42万台で、商用車が約6割、乗用車が約4割を占める。業界関係者によると「JACの運営は事実上、VWグループの傘下に入る可能性が高い」と指摘する。VWとJACは電気自動車(EV)などの新エネルギー車を製造販売する折半の合弁会社を抱えており、同社に対するVWの出資比率は75%に高まる。

VWは中国の乗用車市場で2割程度のシェアを握る最大手だが、近年はトヨタから猛追されている。英調査会社LMCオートモーティブによると、19年の乗用車販売でVWは前年比1%減の423万台にとどまったが、トヨタは10%増の169万台に伸びた。

VWは中国の車載電池3位の国軒高科の筆頭株主になることでも同社と合意した。国軒高科の28日深夜の発表によると、VWは国軒高科の増資や既存株主からの譲渡を通じ、26%を出資する筆頭株主となる。国軒高科は車載電池の19年の生産量で寧徳時代新能源科技(CATL)、比亜迪(BYD)に次ぐ中国3位。

VWは両社に対し合計20億ユーロを出資することで、EVにカジを切る中国市場での事業基盤を固める狙い。中国側にとっては、ドイツを代表するVWの中国事業の拡大を支援することで、米中対立が激化する中でドイツとの関係を深める狙いがあるとみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]