/

LINEの信用スコア、500万人に

LINE傘下で個人融資事業を手掛けるLINEクレジット(東京・品川)は、個人の信用力を算出する「信用スコア」の登録者が500万人を超えたと発表した。LINEが提供するサービスの利用データなどから、独自に信用力を測る。信用スコアを基にした個人融資の申込数も20万件に達した。

信用スコア「LINEスコア」は2019年6月に始めた。年齢、家族構成など質問への回答内容に加え、LINEが提供する対話アプリ「ライン」の利用頻度や交友関係、決済履歴など多様なデータを機械学習で分析し、信用力を算出する。対話アプリのメッセージ内容は分析できない。

登録者へのポイント付与など販促策も強化し、開始から1年弱で500万人を超えた。LINEクレジットは「勤務先や雇用形態の面で、従来型の与信では低く評価されがちだった属性の人でも、信用力が高く出るケースがある」としている。

同社の個人向け融資「LINEポケットマネー」は、スコアによって金利や融資限度額が変わる。利用者へのアンケートによると、1回3万円以下と少額の借り入れが6割強を占めた。新型コロナウイルス対策の一環で、利息の支払いを還元するなどのキャンペーンを実施している。

独自の信用スコアを利用した個人融資は、ソフトバンクとみずほ銀行が出資するJスコア(東京・新宿)も17年から手掛けている。Jスコアのスコア登録者は3月末時点で120万人、融資額は累計330億円。(伴正春)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン