東京23区の消費者物価、2カ月ぶり上昇

2020/5/29 10:11
保存
共有
印刷
その他

総務省が29日に発表した5月の東京都区部の消費者物価指数(CPI、2015年=100)は、生鮮食品を除く総合指数が101.8と前年同月比0.2%上昇した。上昇は2カ月ぶり。外食や調理食品、菓子類などの生鮮食品を除く食料が前年同月比1.5%上昇し、押し上げに寄与した。住居の設備修繕・維持費も上昇した。

都区部の消費者物価は全国より早く公表になる。全国の基調を見る上での先行指標とされる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]