時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,014,143億円
  • 東証2部 68,748億円
  • ジャスダック 91,578億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率18.95倍20.60倍
株式益回り5.27%4.85%
配当利回り2.05% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,714.44 +407.96
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,650 +370

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

小売業の進化 [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 岡崎 良介

2020年7月6日

島野喜三氏が死去 シマノ元社長 [映像あり]

6月の新規投信、設定額が453億円に増加

2020年7月6日

[PR]

マーケットニュース

フォローする

「資金繰り不安後退」 ストレスマップで見る世界市場
市場ストレスマップ(5/29)

市場ストレスマップ
2020/5/29 9:45
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスまん延による景気低迷懸念から、世界の金融市場で緊張感(ストレス)が高まっている。そこで投資家の不安心理や景気動向を反映しやすい15の指標を元に「市場ストレスマップ」を作成した。色の濃さは緊張感の高まりを示す。

世界株安が進み市場のストレスがピークに達した3月中旬以降、米連邦準備理事会(FRB)による資金供給策などを背景に過度な警戒ムードは後退した。株式市場では経済活動再開に伴う景気の底入れやワクチン開発への期待が広がり、社債市場では資金繰り不安の後退で緊張感の緩和が進んでいる。一方、感染第2波への警戒感や米中対立への懸念も根強い。各国の経済対策や金融政策でストレスが一段と緩和されるかが注目される。

日経電子版は毎日午前、最新情報を反映した「市場ストレスマップ」を更新します。

■指標について

15の指標は、米財務省金融調査局が発表する金融ストレス指数を参考にした。同指数は金融システム不安の兆しを探るための重要な指標とされる。指数の上昇局面では株式相場が下落するケースが目立つ。

株式市場や外国為替市場については、先行きの市場の波乱度合いをみるオプション市場の予想変動率(インプライド・ボラティリティー)に注目した。このほか、主要国の10年物国債利回りの変化幅、主要国の投資適格社債の信用力を示すクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の損失保証料率、安全資産とされるドル指数、円、スイスフランの値動きを一覧にした。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム