/

米大統領、対中措置を29日発表へ

(更新)

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は28日、中国への米国の対応措置について29日に発表すると明らかにした。中国による香港への統制強化を受けた措置に関して公表する可能性がある。ホワイトハウスで記者団の質問に答えた。

トランプ氏は「中国には不満がある。世界中が被害を受けている」と語ったが、具体的な中身には言及しなかった。中国の責任論を唱える新型コロナウイルスの感染拡大への報復が念頭にある可能性もある。

香港国家安全法の制定方針の決定を巡り、トランプ政権は香港が「高度な自治」をもはや維持できていないとみて経済面での優遇措置を続けるに値しないとの見解を米議会に伝えた。これを踏まえて対応策の詰めを進めているとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン