米コストコの2~4月、ネット通販65%増 新型コロナ影響

2020/5/29 7:04
保存
共有
印刷
その他

米コストコ・ホールセールでは日用品の買い占めなどが起きた=ロイター

米コストコ・ホールセールでは日用品の買い占めなどが起きた=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米会員制卸売大手のコストコ・ホールセールは28日、2020年2~4月期の売上高が前年同期比7%増の372億ドル(約4兆円)だったと発表した。新型コロナウイルスの影響で日用品などの買い占めが売り上げを押し上げた。ネット通販の売上高は65%増えた。新型コロナ対策費用が重荷となり、純利益は8%減の8億3800万ドルだった。

既存店売上高は5%増だった。米国で外出制限が出た3月は、トイレットペーパーなど日用品の買い占めが起きて売り上げが大きく伸びた。4月以降は自宅待機やソーシャル・ディスタンス(社会的距離)が求められるなかで失速したという。

感染対策の強化や従業員の給与支払いが増加したことをうけ、新型コロナ関連費用として2億8300万ドルを計上した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]