/

この記事は会員限定です

ビデオ会議で同窓会、シニア記者が挑戦 操作に苦労

[有料会員限定]

パソコンなどを介し、リアルタイムの動画で行う「ビデオ会議」システムが、コロナ禍による在宅勤務の広がりで普及している。同窓会などプライベートでも使えないか、試してみた。

取材の仕事ではビデオ会議が当たり前になりつつある。企業の広報も担当者も記者も在宅。プレゼンツールを画面に映しながら担当者が概要を説明し、その後、質疑応答をする。「画面共有」の機能が便利で、パソコン、スマホで開いた文章やプレゼン画面な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン