NYダウ反落、147ドル安 米中対立の懸念強まる

2020/5/29 5:12 (2020/5/29 5:36更新)
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=岩本貴子】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日比147ドル63セント(0.6%)安の2万5400ドル64セントで終えた。午後にトランプ米大統領が29日に対中政策に関する会見をすると伝わった。米中対立が激しくなり、世界経済の減速につながるとの懸念から取引終了にかけて売りが優勢となった。

米CNBCは「トランプ氏が29日、中国に関する会見を開く」と…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]