/

Amazon、期間従業員を正社員に 12.5万人規模

アマゾンはネット通販の急拡大に対応するため米国で17.5万人を臨時採用していた=ロイター

【シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムは28日、米国の物流施設などで3月以降に臨時採用した期間従業員の約7割に正社員になる機会を用意すると発表した。新型コロナウイルスの影響で米国の4月の失業率は14.7%と戦後最悪になった。アマゾンは長期的な労働力を確保することでネット通販需要の拡大に備える。

アマゾンは生活必需品の需要急増で生じた配達遅延などを解消するため、3月中旬から約1カ月半で米国の物流施設や配送部門などで約17万5000人を臨時採用した。これは4月時点の同社の米国の全従業員数の約3割に相当する。このうち12万5000人について、6月から雇用期間の定めのない正社員になる機会を用意する。

期間従業員は正社員になることでフルタイム勤務が求められる一方、初日から医療保険などの包括的な福利厚生が受けられる。長期的なキャリア形成のためにアマゾンが用意している各種の研修プログラムも利用できるようになる。

アマゾンは3月中旬に臨時採用を表明した当初は、新型コロナの影響で仕事を失ったレストランやバーの従業員らの一時的な雇用の受け皿となる考えを示していた。ただ、米国では多くの地域で飲食業の店内営業はなお制限されており、雇用が戻るには時間がかかる見通し。

同社の担当者は「アマゾンに長くとどまるという選択肢が、米国社会の失業負担の軽減に役立つことを願う」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン