/

この記事は会員限定です

危機再来の日産、内田社長が挑む「サバイバルプラン」

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日産自動車がカルロス・ゴーン元社長の下、「リバイバルプラン」で復活して約20年。再び、経営危機の淵に立たされた。28日発表した2020年3月期の連結最終損益は6712億円の赤字(前の期は3191億円の黒字)に転落した。最終赤字は11年ぶり。同日発表した新しい中期経営計画では生産能力の2割削減を打ち出した。内田誠社長は生き残りをかけてリストラに挑むが、再復活には3つの課題を克服する必要がある。

「(生産能力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4246文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン