シンガポール大手VC会長、「技術持つ企業、生き残る」

アジアBiz
2020/5/28 21:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で、東南アジアのスタートアップ企業への資金流入が細っている。こうした状況下だが、シンガポール大手のベンチャーキャピタル(VC)のビッカーズ・ベンチャー・パートナーズは、新型コロナの発生後に2億ドル(約215億円)の資金を調達し、複数の新興企業への投資を決めた。フィニアン・タン会長に、東南アジア市場における投資環境の現状や今後の見通しについて聞いた。

――2020年末までの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]