/

この記事は会員限定です

シンガポール大手VC会長、「技術持つ企業、生き残る」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で、東南アジアのスタートアップ企業への資金流入が細っている。こうした状況下だが、シンガポール大手のベンチャーキャピタル(VC)のビッカーズ・ベンチャー・パートナーズは、新型コロナの発生後に2億ドル(約215億円)の資金を調達し、複数の新興企業への投資を決めた。フィニアン・タン会長に、東南アジア市場における投資環境の現状や今後の見通しについて聞いた。

――2020年末までの市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン