旅行大手、6月から店舗で順次営業再開

2020/5/28 20:58
保存
共有
印刷
その他

旅行大手は6月以降、国内店舗の営業を順次再開する。政府が示した「段階的緩和」では6月19日以降、都道府県をまたいだ旅行への自粛要請が緩和される見込み。各社はこれを見越して徐々に国内旅行の販売を促進していく方針だ。オンラインでの接客なども活用して新型コロナウイルスの感染防止を徹底しながら、観光需要の呼び戻しに着手する。

KNT-CTホールディングス傘下の近畿日本ツーリスト首都圏は既に導入している「旅のコンシェルジュ」システムを活用する。専門部署のベテランスタッフがテレビ電話で接客し、旅に関する相談に応える仕組みだ。今後はウェブ会議システムを使い、自宅にいながら同サービスを利用できるようにする。

各社は業界団体が策定した新型コロナの感染対策のガイドラインを参考に、独自の対策を定める。接客カウンターにアクリル板を設置するなど「3密」状態を防ぐ。筆記具など手の触れる箇所を消毒するといった衛生対策を徹底し、利用客と従業員の安全を確保する。

JTBは6月以降、当分の間は事前に来店予約した利用客のみの対応とする。エイチ・アイ・エスと日本旅行も段階的に営業を再開する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]