リーマン以上の打撃 世界新車販売、コロナで2割蒸発も

2020/5/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国系コンサルティング会社のアーサー・ディ・リトル・ジャパン(東京・港)は、自動車の世界販売台数が2020年に前年比2割減るというリポートをまとめた。新型コロナウイルスの影響はリーマン・ショック後(8%減)を超えるとの見立てだ。11年ぶりに6000万台の水準まで落ち込むため、回復には時間を要することになる。業界が技術的な転換点を迎えた中での危機で、ビジネスモデルの再構築が求められる。

「リーマン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]