東芝など がん治療、カプセルで安全に

2020/5/29 0:00
保存
共有
印刷
その他

東芝と信州大学は、がん細胞に治療遺伝子を効率的に投入して治療する技術を開発した。ナノ(ナノは10億分の1)サイズのカプセルを使うことで安全で効率的に治療遺伝子を投入できる。2023年をメドに臨床試験開始を目指す。ウイルスを使って治療遺伝子を取り入れる従来の技術と比べ、量産しやすいとみて実用化を進める。

効率的に治療遺伝子を運ぶ技術を開発した(リポソームの電子顕微鏡写真)

東芝が独自に設計した脂質を主成分とする直径約100ナノメートルのカプセルを用いる。特性に応じて配合を変えることにより、標的とする細胞に対して効率的に治療遺伝子を投入できるという。

今回、血液がんの一種についてマウスで実験したところ、腫瘍細胞に対し、正常の細胞よりも30倍以上多くの治療遺伝子を投入でき、効果は400倍以上だったという。東芝は「がん指向性リポソーム技術」と位置付けている。

遺伝子治療では、治療遺伝子を運ぶのにウイルスを用いることが多いが、安定的に培養することに一定の技術が必要で安全性に課題があった。東芝はカプセルを用いることで患者の身体に負担を掛けず効率的に運搬できるとみる。また、ウイルスのように培養にかかるコストも削減でき、量産がしやすいとみている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]