愛知知事、「大阪は医療崩壊」 府知事反論し応酬に

2020/5/28 20:30
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの行政対応を巡り、愛知県の大村秀章知事が「東京と大阪は医療崩壊状態だった」との発言を繰り返している。これに対し、大阪府の吉村洋文知事は「医療崩壊は起きておらず根拠が不明」と反論するなど、両知事による応酬が続いている。

愛知県庁(名古屋市中区)

愛知県庁(名古屋市中区)

大村知事は26日の県の対策本部会議で「東京や大阪であれだけ感染拡大し医療崩壊に陥ったにもかかわらず、愛知はそうはならなかった」と述べるなど、これまで公の場で度々言及してきた。

一方、吉村知事は27日にツイッターで「何を根拠に言っているのか全く不明。患者を治療するため受け入れてくれた大阪の医療関係者に対しても失礼な話」と反発した。

大阪府庁

大阪府庁

大村知事は28日の記者会見で、厚生労働省が公表したデータで大阪府の感染者の多くが自宅待機になっていたと主張。「救命救急センターが(救急患者の受け入れを)断っている」とし、「病院に入りきれないのであれば医療崩壊だ」との認識を示した。その上で「違うならデータをもって言わなければいけない。そうでなければ、ただ単に言い訳しているにすぎない」と語った。

吉村知事は28日、報道陣に「医療状態が逼迫したのは事実だが、医療崩壊は起きていない」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]