小中学校の再開、授業と感染防止両立 首都圏自治体

2020/5/28 19:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首都圏の市区町村が小中学校の再開に向け、新型コロナウイルスの感染防止と学習機会の確保を両立する対策を進めている。「分散登校」や机の配置変更などを通じ、生徒同士の接触をできるだけ減らす。子どもの健康に配慮し、部活動を制限する動きもある。感染拡大の「第2波」の発生リスクを警戒しつつ、子どもの学びを確保する工夫が続く。

東京都世田谷区は6月1日から分散登校で区立小中学校を再開する。1クラスを2グループ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]