/

この記事は会員限定です

海外投資家、6週ぶり買い越し 急落銘柄を選別投資

[有料会員限定]

東京株式市場で海外投資家の一部が日本株投資を再開する動きがみられる。東京証券取引所が28日に発表した投資部門別売買動向(東京・名古屋2市場、1部、2部と新興企業向け市場の合計)によると、5月の第3週(18~22日)に海外投資家は現物株式を6週間ぶりに買い越した。相場の反発局面でも買いを手控えてきた海外勢が、株価急落銘柄を選別する動きがどこまで続くか注目される。

28日の日経平均株価は497円高の2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン