識者に聞く 香港国家安全法、高度な自治「骨抜き」
興梠一郎・神田外語大教授(現代中国論)

2020/5/28 18:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

興梠一郎・神田外語大教授(現代中国論) 中国政府にとって国家安全法の施行は香港が英国から返還された時からの念願だろう。すでに2014年に香港の一国二制度に関する「白書」では、中国が香港に対する全面的な管治権を持つとしており、高度な自治は骨抜きになっていた。

19年10月の中国共産党の重要会議である「四中全会」のコミュニケでも香港の国家安全を守る法律や制度を作ることをすでに明言していた。ただこんなに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]