コンビニ時短、半年で15倍 脱24時間が新常態に

2020/5/28 20:00 (2020/5/29 5:25更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

24時間営業しないコンビニエンスストアが広がっている。5月時点で深夜を中心に営業時間を短縮している大手3社の店舗は1916店と、半年前から15倍に増えた。深刻な人手不足に加えて、新型コロナウイルス禍による夜間の外出減で深夜営業が厳しくなったためだ。コロナ後もこうした問題は続くとみられ、コンビニの「脱24時間」はさらに加速しそうだ。

日本経済新聞がセブン―イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]