米中衝突再び 危うい高圧外交の応酬
米中衝突 亀裂再び(上)

米中衝突
中国全人代
習政権
2020/5/28 23:00 (2020/5/29 5:37更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

貿易交渉の「第1段階の合意」でいったん収まったはずの米中対立が新型コロナウイルスのまん延を機に再び激しさを増してきた。国際社会にも亀裂が広がり始めた。

26日午後、全国人民代表大会(全人代)中に開かれた軍代表会議。習近平(シー・ジンピン)国家主席は場を引き締めた。「『底線思考』を堅持し、国家の主権と安全、発展の利益を守らなければならない」。「底線思考」とは最悪の事態に備えよとの意味だ。それだけ危…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]