信越の上場企業、半数が21年3月期見通し「未定」

2020/5/28 17:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

信越の上場企業の2020年3月期決算が28日、まとまった。同日までに21年3月期の通期見通しを発表した46社をみると、半数の23社が「未定」だった。いまだ終息していない新型コロナウイルスの影響もあり、今期全体を見通すことが難しいためだ。緊急事態宣言は解除されたものの国内外の経済の今後は予想しづらく、信越企業の先行きも不透明感が漂う。

日本経済新聞が20年3月期の業績を発表した新潟、長野両県の48…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]