感染者情報の誤掲載で賠償金 愛知県、1人2~4万円

2020/5/28 17:32
保存
共有
印刷
その他

愛知県が新型コロナウイルス感染者の氏名や入院先などの個人情報を県のホームページに誤って一時掲載した問題で、県は28日、氏名が載った396人に1人当たり4万円の賠償金を支払うと発表した。氏名が載っていなかった94人には同2万円を支払うという。

愛知県のホームページで公開されている県内感染事例の一覧表

県は今後、対象者へおわびの文書と賠償の承諾書を送付。承諾書を返送した人へ7月下旬以降、順次支払う。賠償金額は過去の同種の漏洩事案の裁判例を参考に決めたという。

感染者情報は5日午前9時半ごろから約45分間、県のホームページで閲覧できる状態になっていた。4日までの県内の感染者490人分の個人情報で、一部の感染者については、職場や家族など感染者同士の関係性を示す記述も含まれていた。

県は28日時点で、転載などの二次利用は確認していないとしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]