/

アマ投資家が探すユニコーン候補 コロナ時代の調達

譲渡型賃貸住宅サービスを手掛けるMinoruは投資家165人から約2800万円を集めた
日経ビジネス電子版

1口10万円前後の少額から非上場企業に投資できる「株式投資型クラウドファンディング(CF)」が拡大する兆しが見えてきた。新型コロナウイルスの影響でベンチャーキャピタル(VC)などプロ投資家の出資意欲が減退する中、スタートアップがアマチュア(一般)投資家からの資金調達に活路を見いだしている。

4月5日、Minoru(ミノル、東京・渋谷)は株式投資型CFサイト「ファンディーノ」で投資家165人から約2800万円を集めた。募集開始から2時間40分の出来事だった。

ミノルが手掛けるのは、銀行に住宅ローンを断られることが多いフリーランス(請負労働者)向けの譲渡型賃貸住宅サービス。入居希望者はスマートフォンで家を建てたいエリア、内装、間取りなどを選び、新築戸建ての建築を注文する。普通の住宅と異なるのは、物件の所有権が不動産投資家にあること。入居者は毎月家賃を支払い続け、払い終わると投資家から土地と建物を譲り受ける仕組みだ。働き方改革で増えるフリーランスの住宅需要に応える狙いがある。

ミノルの森裕嗣社長は「全国に当社のファンをつくりたくてCFを選んだ」と話す。ビジネスの性質上、不動産投資家の関心を高める必要があったからだ。プロ投資家であるVCからお金と助言を得るよりも、サービスの知名度や会社の応援者を増やすことを優先して成長のきっかけをつかもうと考えた。

同じくファンディーノを活用したドーナッツロボティクス(東京・港)は5月17日、募集開始からわずか37分で2800万円を集めた。

もともと翻訳機能付き接客ロボット「cinnamon(シナモン)」を羽田空港に導入するなど実績を積んできたが、新型コロナの感染拡大で訪日観光客関連のビジネスに逆風が吹き始めた。ドーナッツロボティクスはこれまで蓄積した技術を応用し、翻訳と文字起こし機能を備えるスマートマスクを新たに開発するなど成長余地を示した上で株式投資型CFに臨んだ。小野泰助社長は「このスピードで資金を集められたのは自信になる」と手応えを語る。

登録した投資家数が過去最高に

「アフター・コロナ」のスタートアップを取り巻く環境では、アマ投資家の存在感が増しそうだ。VCなどプロ投資家は新型コロナの影響で出資を抑制している。その一方で、ファンディーノに4月に新規登録した投資家の数は1874人と月当たりの過去最高を記録。投資家数は計2万6000人を超えた。大きく社会構造が変わろうとする今こそ次代の「ユニコーン」(企業価値10億ドル超の未上場企業)を見つけるチャンスだというアマ投資家の期待が垣間見える。

ファンディーノの投資家は30~40代が7割を占め、半数は金融資産が1000万円未満という。投資する金額は限られるものの新しいビジネスモデルに敏感な多数の投資家群は、スタートアップにとって魅力的な存在となる。

スタートアップ側のメリットはプロ投資家の穴埋めだけではない。創業から間もない時期のスタートアップにとっては、知名度の上昇も大きな課題だ。CFを通じて多くのアマ投資家に自社の存在やサービスの中身を知ってもらえる可能性がある。

事業計画に磨きをかける意味もある。ファンディーノを運営する日本クラウドキャピタル(東京・品川)の高津鉄矢案件管理部長は、投資家を保護する観点から「投資ファンドが企業に投資するときの資産査定の手法を審査に取り入れて厳密にした」と話す。

「仕入れのタイミングでもキャッシュフローが十分な黒字を保てるか」「反社会的勢力が会社に関わっていないか」――。事業計画の実現性を「厳しく審査された」と振り返るドーナッツロボティクスの小野社長は、「審査を経て、誰に見せても恥ずかしくない事業計画ができた」と話す。

危機下で重宝される

英国ではリーマン・ショック後の2009年に株式投資型CFが登場し、創業間もない小規模企業が資金集めに活用した。米国でも20年3月以降にCF投資が伸びるなど、「広く薄く」お金を集めるCFは危機下に重宝される傾向がある。日本クラウドキャピタルは20年の募集件数が前年比1.5~2倍に増えるとみる。

「CFでたくさんの支持を集めたビジネス計画は、VCなどプロの投資家にも評価され、次の大型調達にもつながる」(ドーナッツロボティクスの小野社長)。株式型CFが国内のスタートアップの登竜門として定着すれば、新産業を生み出すエコシステム(生態系)の厚みも増していく。

(日経ビジネス 鷲尾龍一)

[日経ビジネス電子版 2020年5月28日の記事を再構成]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。雑誌発行日の前週の水曜日から順次記事を公開。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちら

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン