7/12 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動[有料会員限定]
  2. 2位: 「出遅れ日本」の目覚めに投資[有料会員限定]
  3. 3位: 自社株を役員報酬、導入5割増 株主視点の経営促す[有料会員限定]
  4. 4位: なぜこの数値?経済統計、肌感覚に合わないカラクリ[有料会員限定]
  5. 5位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
7月10日 137.470 +0.160

[PR]

商品ニュース

鉄筋用異形棒鋼、価格約3%上げ 共英製鋼

2020/5/28 16:52
保存
共有
印刷
その他

共英製鋼は28日、マンションの鉄筋などに使う異形棒鋼の6月分の販売価格を1トンあたり2000円(約3%)引き上げると発表した。値上げは5カ月ぶり。19日に表明していた価格据え置きの方針を撤回した。主原料となる鉄スクラップの価格の上昇に加えて、緊急事態宣言の解除に伴い建設需要が徐々に回復に向かうと判断した。

鉄スクラップは新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の停滞で発生量が減少している。一方で、各国が徐々に経済再開へ動き出したことで需給が逼迫している。中国などの動向によっては「7月分の再値上げも視野にいれる」(坂本尚吾取締役)という。

共英製鋼の4月の鋼材出荷量は前年同月比で13%減だった。「最悪で3割減も想定していた」(坂本氏)中で比較的堅調に推移する。緊急事態宣言が前倒しで解除されたことで、需要回復も早まるとみる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム