九州・沖縄3月期50社 5割超が経常悪化 コロナ直撃

2020/5/28 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州・沖縄企業の業績が悪化している。28日までに2020年3月期の決算発表をした上場50社の経常損益の合計は、前の期比15%減となった。5割を超える企業で経常損益が悪化した。米中や日韓関係の悪化、新型コロナウイルスの感染拡大などにより、幅広い業種が影響を受けた。21年3月期の業績予想は約6割の企業が公表できておらず、先行きの不安は強い。

前の期と比較が可能な九州・沖縄に本社を置く上場企業(金融機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]