マスクなど必需品、緊急時は在庫を常時把握へ

2020/5/28 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は感染症や自然災害などで生活に必要な物資が不足しないよう、緊急時に各社の在庫を常時把握できるシステムをつくる。新型コロナウイルスの影響でマスクなどの供給が滞った際には在庫状況の把握に手間取った。政府が在庫量と需要を分析して素早く増産したり地域間で融通したりできるようにする。

近く実証実験に着手し、2020年度内に運営体制を確立する。

メーカーや卸売業者、小売事業者に協力を求め、生活必需…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]