東南ア、デジタル新税や関税上げで税収増 景気に負荷も

2020/5/28 16:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】東南アジア各国が課税強化に乗り出した。新型コロナウイルスの影響による税収減を補うためだ。フィリピンは石油製品の関税を一時上げ、対象の拡大も探る。インドネシアは7月にデジタル課税を導入する。タイは外国人の入国税を検討中だ。負担の余力がありそうな分野を狙った増税だが、さじ加減を誤れば景気回復の重荷になりかねない。

「新型コロナの影響を和らげるため財源を緊急に増やす必要がある」。フィ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]