[FT]FRBが守ったドル覇権

ジリアン・テット
FT
FT commentators
2020/5/29 0:00 (2020/5/29 5:23更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は5月19日の議会証言で質問攻めに遭った。だが、焦点はもっぱら新型コロナ危機下でFRBがいかに米企業と消費者の救済を図っているかだった。このとき、上院議員らがすべきだったのにしなかった質問がある。国外のドル流動性不足に対してFRBが最近、どのような救済策を講じたのか、という点だ。

これは重大な見落としだ。未来の金融史研究者らがコロナ危機について調べたら、F…

FT commentators

米国版エディター・アット・ラージ

Gillian Tett 英国生まれ。93年FT入社、ソ連崩壊時に中央アジア諸国を取材、97~2003年東京支局長を経て現在、FT米国版編集長。2008年にBritish Business Journalist of the Yearを受賞。2009年には「愚者の黄金 大暴走を生んだ金融技術」で英Financial Book of the Yearを受賞。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]