/

この記事は会員限定です

「ドローンは空飛ぶパソコン」VAIO参入の勝算

[有料会員限定]

「世界で勝てるドローン産業をつくっていきたい」。ソニーのパソコン事業を前身とするVAIO(バイオ、長野県安曇野市)は今年3月、産業用ドローンの機体開発を手掛ける子会社VFRを設立した。ドローン市場は、世界シェア7割を超えるとされる中国DJIが他社を圧倒する。勝機はあるのか。VFR社長で、VAIOの最高イノベーション責任者(CINO)を兼務する留目真伸(とどめ・まさのぶ)氏に聞いた。

産業の用途別にドローン 足せば大市場

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン