都内で新たに15人感染 宣言解除後初のクラスター

2020/5/28 14:42 (2020/5/28 19:30更新)
保存
共有
印刷
その他

東京都は28日、新型コロナウイルスの感染者が新たに15人確認されたと発表した。都内の累計感染者は5195人になった。3人の死亡も確認した。

直近1週間で見た1日当たりの新規感染者数の平均は、28日時点で9人。都はこの数値が「20人未満」であることを、休業要請の段階的緩和を進める条件の一つとしている。

このほか、新規感染者のうち感染経路が分からない人が半分未満であることや、前週に比べて週単位での新規感染者数が減っているかどうかなどを判断基準とする。

武蔵野中央病院(東京都小金井市)は28日までに、職員や患者計9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。都は緊急事態宣言が解除されてから初のクラスター(感染者集団)が発生したとみて、厚生労働省のクラスター対策班の派遣を要請した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]