/

この記事は会員限定です

フタバ産業社長「コロナ後はシェアカーよりマイカー」

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中部の基幹産業である自動車関連企業も対応を迫られている。工場でも感染対策が求められ、資金難に直面する部品メーカーも出ているもようだ。トヨタ自動車などに車用マフラーを販売、製造するフタバ産業の吉貴寛良社長に現状や課題を聞いた。

――生産の現状は。

「国内の4月の仕事量は3割の落ち込みだった。売り上げと業績には北米の影響が大きいので北米の状況次第だ」

――資金面の現状は。

「銀行とはしっか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り991文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン