投信ゼロコスト化で「数百万円」の恩恵 活用は道半ば
お金を殖やすツボとドツボ(10)

お金を殖やすツボとドツボ
田村 正之
編集委員
増やす
2020/5/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
■ハナ(29) 入社7年目、メーカー勤務。資産形成に興味がある。話がつまらなくなると、眠る癖がある。
■岡根(32) パーソナルファイナンス(個人向けの資産形成論)を教える大学講師。ハナのサークルの先輩。

ハナ 投資信託のコストがゼロに近づいていると聞きます。

岡根 コストは大きく2種類。買うときに一度だけかかる販売手数料と、持ち続けている間、毎日少しずつ引かれる信託報酬だ。長期保有の場合は信託報酬の影…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]