/

この記事は会員限定です

コロナ後見据え、取引先のアジア展開支援 沖縄銀頭取

コロナ危機 地方揺らぐ インタビュー編

[有料会員限定]

沖縄経済は新型コロナウイルスの感染拡大で観光業を中心に大きな影響を受けている。沖縄銀行はいち早く取引先企業の状況把握に動き、独自の融資制度も創設した。コロナ後を見据えて企業の成長を後押しするため、アジア展開をにらんだビジネス拡大も支援する。山城正保頭取に聞いた。

――どんな業種に影響が出ていますか。

「宿泊業のほか、小売業・卸売業など幅広い業種に出ている。1月末の時点で1万近い対象先をリストアップし、業況...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン