北海道政の舞台開放的に刷新、6月から本格稼働へ

インバウンド
2020/5/28 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道議会の新庁舎が札幌市内で稼働した。3代目の新庁舎は議場に道産の木材を惜しげもなく使い、馬てい形の議席レイアウトもそのままに北海道史のバトンを受け継ぐ。議会関係者でなくても利用できる施設も多く、道は「開かれた議会」のアピールに懸命だ。

建設費は約99億円。旧庁舎の西隣に位置し、2018年に着工した。地上6階地下1階建てで、屋上階もある。高さは34メートル。延べ床面積は1万9160平方メートル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]