/

韓国銀行、0.25%利下げ 22年ぶりマイナス成長へ

【ソウル=細川幸太郎】韓国銀行(中央銀行)は28日、2020年の経済成長率見通しを物価変動の影響を除いた実質でマイナス0.2%に引き下げると発表した。2月の前回予想はプラス2.1%だった。実際に成長率がマイナスになれば1998年のアジア通貨危機以来、22年ぶり。韓銀は同日、政策金利を0.25%引き下げ、過去最低の年0.5%とした。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて韓銀は「消費が低迷し輸出も大幅に減少しており、雇用状況はサービス業を中心に悪化した」として、20年の成長率見通しを大きく引き下げた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン