三菱ふそう、米国・カナダで新車販売終了

2020/5/28 10:32
保存
共有
印刷
その他

三菱ふそうトラック・バスは28日、米国とカナダでのトラックの新車販売を終了すると発表した。今後は現在の販売店を、既存車両の整備や部品供給などのメンテナンスを行う拠点とする。両国での販売は減りシェアも落ちており、そのほかの地域での販売や商品開発に力を入れる。

三菱ふそうトラック・バスは米国とカナダでのトラックの新車販売から撤退する

米国とカナダでは小型トラックを展開し、新車販売は現地の販売子会社が担っていた。米国では1988年から、カナダでは2005年から販売。市場シェアは1990年代に約20%を占めた時期もあったが、2019年は両国で5%以下と販売は落ち込んでいた。

販売店は在庫がなくなり次第販売を終了する。今後は約190ある販売店を点検や保守や部品供給を行う拠点とし、28年までは既存車両へのサービスを提供する。74人の従業員の雇用は短期的に継続するが、事業の縮小に伴い人員は削減される見通し。

三菱ふそうは独大手ダイムラーの傘下で、主に日本やアジアなどでトラックを販売する。北米はグループのダイムラーが主に展開することとなる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]