/

この記事は会員限定です

鶯谷(東京・台東) 子規が愛した風雅の里

[有料会員限定]

夕暮れ時、JR鶯谷駅の南口改札を出てすぐの陸橋から街並みを見下ろす。一つまた一つとラブホテルのネオンサインに明かりが入っていく。背後には上野の山が広がり、徳川家の菩提寺である寛永寺など、多くの寺が立ち並ぶ。猥雑(わいざつ)と静寂。線路を隔てた2つの地域が対照的な雰囲気を醸し出す。

「鶯谷」とは、江戸時代に皇族出身の寛永寺住職が京都から多くのウグイスを取り寄せ、辺りに解き放ったことに由来する。「関東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン