アサヒ飲料、コンブチャの炭酸飲料

2020/5/28 9:32
保存
共有
印刷
その他

アサヒ飲料は紅茶を発酵させた「コンブチャ」の炭酸飲料「KOMBUCHA(コン・ブチャ)」を発売した。レモンとリンゴの混合果汁にコンブチャのエキスを加えた。ファミリーマートが全国のコンビニエンスストアで数量限定販売する。30~40代の女性をターゲットに設定した。

アサヒ飲料が発売した炭酸飲料「KOMBUCHA(コン・ブチャ)」

香料は使用せず、リンゴとマンゴーの発酵果汁を加えた。混合果汁のレモンの酸味と、発酵させた素材のフルーティーな香りを楽しむことができる。仕事の合間にリフレッシュの目的で飲む場面を想定した。内容量は450ミリリットルで希望小売価格は税別150円。

同社によると、コンブチャは1980年代に日本で流行した「紅茶キノコ」と同様。紅茶に砂糖と酵母菌を加えて発酵させた飲料で、健康に良いとされている。健康や美容に良いというイメージから、米国を中心に海外で「コンブチャ」の名称で近年人気が高まっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]