新型コロナの死者、米で10万人超す

2020/5/28 7:28 (2020/5/28 12:00更新)
保存
共有
印刷
その他

米国では高齢者施設での死者数が増えている(窓越しに母親と話す男性)=AP

米国では高齢者施設での死者数が増えている(窓越しに母親と話す男性)=AP

【ニューヨーク=西邨紘子】米ジョンズ・ホプキンス大学の調べによると、米東部時間27日午後6時(日本時間28日午前7時)時点の米国の新型コロナウイルス死者数は10万人強と、節目となる10万人を上回った。累計の感染者数は169万人だった。感染者や死者数の増加ペースは4月に比べて落ち着いているが、経済活動を早期に再開した地域では感染が再び拡大する傾向もあり、収束のめどは立っていない。

新型コロナによる死亡者はニューヨーク州などの東海岸各州や、シカゴやデトロイトといった主要都市とその周辺に集中している。感染者数が37万人と最多のニューヨーク州では約3万人が死亡した。とくに高齢者施設で多くの死者が報告されており、対策が急務となっている。

直近ではアラバマ州やオクラホマ州、アーカンソー州など人口密度が比較的低い地域でも感染者が急増する「ホットスポット」が目立ち、幅広い地域への感染拡大が懸念されている。

週末にはマスクを着用せずに多くの人が密着する行楽地が相次いだ。米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は27日の米CNNで、連邦政府が設けたガイドラインを順守しない経済再開は「危険で無謀なことだ」と改めて警告した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]