/

この記事は会員限定です

実体経済と乖離するウォール街の楽観論

米州総局 伴百江

[有料会員限定]

27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は前日比553ドル上昇して、2万5000ドル台を回復した。現在の相場上昇ムードをけん引しているのは、各地で相次ぐ経済活動再開のニュースだ。ウォルト・ディズニーは同日、フロリダ州のテーマパークを7月11日から再開すると発表して株価は上昇。旅行関連株や航空株などもそろって買われた。

景気回復への期待が強まる一方で、直近のニュースは依然として不況のただ中の様相を示...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン