米ディズニーワールド7月11日再開 ハイタッチは禁止

2020/5/28 1:54 (2020/5/28 2:19更新)
保存
共有
印刷
その他

米フロリダ州のディズニーワールドは7月に再開する=ディズニー提供

米フロリダ州のディズニーワールドは7月に再開する=ディズニー提供

【シリコンバレー=佐藤浩実】米ウォルト・ディズニーは27日、南部フロリダ州にある世界最大のテーマパーク群「ディズニーワールド」を7月11日に再開する計画を公表した。新型コロナウイルスの影響で3月から休業していたが、マスクを着けるなど対策を施して約4カ月ぶりに再開する。巨大な娯楽施設の再始動は米国の経済活動の復調を印象づける。

ディズニーワールドが立地するフロリダ州オレンジ郡の会合で、計画を提出した。4つのテーマパークのうち「マジックキングダム」と「アニマルキングダム」を7月11日に、「エプコット」と「ハリウッドスタジオ」を同15日に開く。同社にとっては中国の上海ディズニーランドに続く、2カ所目のテーマパーク再開となる。

再オープンにあたり、コロナ感染を防ぐための規則を導入する。来場者にマスクなどで顔を覆うよう求めるほか、入り口では検温を実施する。パレードや花火といった人が密集しやすいイベントは当面見送り、来場者とキャラクターの「ハイタッチ」も禁止する。

ディズニーワールドにある4つのテーマパークの来場者は2018年に5800万人に上ったが、今後は入場できる人数も絞り込むという。ディズニーワールドの責任者であるジム・マクフィー氏は「ゲストがテーマパークを訪れる前に(ルールを)理解してもらえるように周知を徹底する」と話した。

今後、フロリダ州知事の承認を経て正式に再開手続きに入る。共和党選出のデサンティス知事は観光業の再開に前向きで、ディズニーの計画はそのまま通る見通しだ。同州では米コムキャスト系の企業も「ユニバーサル・スタジオ」を6月5日に再開すると決めている。

一方で、米国内でも州によって判断は分かれている。フロリダ州と並んでテーマパークが集まる西部カリフォルニア州は26日に一部の地域でヘアサロンの営業再開を認めたばかりだ。多くの人が集まるテーマパークの再開には時間がかかるとみられている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]