/

この記事は会員限定です

天馬、米ファンドから取締役 6月総会で提案

[有料会員限定]

プラスチック製造を手掛ける天馬は27日、「物言う株主」とされる米投資ファンド、ダルトン・インベストメンツグループから取締役を招くと発表した。同グループ傘下のダルトン・アドバイザリー代表取締役、林史朗氏の選任議案を6月の定時株主総会に提出する。天馬はベトナム子会社の贈賄疑惑を巡り、第三者委員会から企業統治の機能不全を指摘されている。外部の目を入れることで、経営の透明性向上やコスト削減などの取り組みを加速...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン