地域官民ファンド、5年延長 26年3月まで出資

2020/5/27 22:35
保存
共有
印刷
その他

西村康稔経済財政・再生相は27日の臨時閣議後記者会見で、官民ファンドの「地域経済活性化支援機構(REVIC)」の出資決定期限を5年間延長すると発表した。活動期間は2026年3月まで延びる。

関連法の改正案の今国会への提出を目指す。新型コロナウイルスの感染拡大で経営難に陥った中堅企業の資本支援を長期にわたって実施できるようにする。

同日政府が決定した2020年度第2次補正予算案では、REVICの政府保証枠を2兆円に増額した。西村氏は「地域の中堅・中小企業の支援に全力を尽くす」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]