「開業1年前倒しを」 駅前再開発ビル巡り福島市長 老舗百貨店閉店受け

2020/5/27 20:12
保存
共有
印刷
その他

JR福島駅前で計画される再開発ビルを巡り、福島市の木幡浩市長は27日の記者会見で、2026度中とする開業時期を1年程度前倒ししたいとの意向を明らかにした。同駅前では老舗百貨店「中合」の8月末での閉店が決定。同市長はにぎわいの核となる商業施設が長期間不在になることに懸念を示し、今後関係者と調整するとした。

市などはこれまでに、中合の跡地を含む一帯の約1万3000平方メートルに複合ビルの建設を計画。商業施設やホテル、分譲マンション、コンベンション施設などが入る予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]