2次補正予算案、透ける規模優先 執行は進まず

2020/5/28 0:02 (2020/5/28 5:28更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた2020年度第2次補正予算案を閣議決定した。事業規模で117.1兆円と大きさを演出するが、民間資金の算入額など細かな内訳は説明していない。4月30日に成立した1次補正も執行が遅いままだ。予算額が膨張する一方、企業や個人への迅速な支援に課題を残している。

■事業規模117兆円、政府支出は33兆円

2次補正案のうち「真水」は国費などとして計上された33…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]