山口大発スタートアップ がん免疫療法で阪大発と連携

2020/5/27 19:40
保存
共有
印刷
その他

山口大学は27日、同大発スタートアップのノイルイミューン・バイオテック(東京・港)が、大阪大学発スタートアップのC4U(大阪府吹田市)と提携したと発表した。ノイルイミューンのがん免疫細胞療法と、C4Uの「ゲノム編集」技術を組み合わせ、世界でも最先端のがん免疫療法の開発を目指す。

がん免疫療法開発での提携について記者会見した山口大学の玉田耕治教授(左)

ノイルイミューンの基盤は山口大の玉田耕治教授が開発した「プライムCAR-T細胞」の技術。患者の免疫細胞「T細胞」に遺伝子操作を加えて強化した「CAR-T細胞」は血液のがんに効果がある。玉田教授はこの「CAR-T細胞」を局所に集め、固形がんにも有効にする技術を開発し、特許を取得した。

現在実用化されている「CAR-T細胞」は患者自身の細胞由来だが、健常者の細胞から作って蓄積しておけば、その都度作る必要がなく、すぐに患者に投与できる。ただ、他人の細胞を基にした場合、拒絶反応など副作用の懸念がある。

今回の提携はC4Uの持つゲノム編集技術を利用し、副作用を起こす遺伝子をピンポイントで排除。他人の免疫細胞を利用して安価で効果的な「CAR-T細胞」療法の開発を目指している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]