社員の体調推移、瞬時にグラフ化 両備システムズが開発

2020/5/27 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

両備グループ(岡山市)でソフト開発の両備システムズ(同)は新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、企業の従業員らの健康状態の把握を支援するシステムを開発した。毎日の健康状態をスマートフォンで回答してもらうと、状況を瞬時にグラフ化して管理者側で確認できる。勤怠管理の事務作業の軽減が課題の企業や病院などの需要を取り込む。

システムの名前は「eへるすLight(ライト)」。企業の従業員や病院の職員らは出…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]