日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月6日 140.525 -0.033

[PR]

商品ニュース

中古車競売の成約率、リーマン以来の低水準 4月

2020/5/27 19:11
保存
共有
印刷
その他

中古車競売の成約率がリーマン・ショック以来、約10年ぶりの低水準に落ち込んだ。4月の成約率は前年同月比10ポイント以上低い40%台半ばにとどまった。新型コロナウイルスの影響でアフリカ・アジア向けの中古車輸出が減少、輸出業者が買いを手控えているためだ。国内販売も外出自粛による来店者の減少で4カ月ぶりの前年割れとなった。

日本中古自動車販売協会連合会(JU中販連、東京・渋谷)がまとめた4月の業者向け中古車オークションの成約率は、前年同月比11.5ポイント低下し45.9%。リーマン・ショック後の2009年12月の45.2%以来の低水準だ。中古車競売最大手ユー・エス・エス(USS)の成約率も同12.3ポイント低い46.9%と、08年12月の43.3%以来の低水準。

成約率が低下したのは、オークション取引の4割を占める輸出業者の買いが鈍っているため。新型コロナによる都市封鎖(ロックダウン)や港湾機能停止でアフリカ・アジア向けの輸出が振るわない。

国内需要の減少も響く。中古車店「ガリバー」を運営する中古車販売大手IDOMの4月の販売台数は、0.2%減の1万7895台。4カ月ぶりに前年を下回った。新型コロナによる外出自粛で来店者数が減っている。

平均価格も大幅に下落した。JU中販連の4月の平均落札価格は、前年同月比20.6%下落し1台20万3000円。2カ月連続で前年を下回った。USSの4月の成約単価も同8.3%下がり56万5000円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム